HOME >  知っておきたいクリーニング知識 >  家庭の洗濯との違い

家庭の洗濯との違い

クリーニングの目的

クリーニング店へ衣類を出す多くの方の目的は、家庭で出来ない洗濯を頼むことでしょう。家庭で洗濯して失敗するアイテムと言えば、セーターやカーディガンなどが代表的ですよね。これらはウール素材が多く、普通に水で洗うと縮んだり形が崩れたりしてしまいます。家庭で洗濯できない素材を頼むほかにも、例えばスーツやフォーマル服や高級素材のものは洗濯で失敗したくないアイテムです。だからこそ、洗濯のプロに任せるためにクリーニング店へお願いする必要があります。

家庭でもドライクリーニングができる?

最近の洗濯機では「ドライマークコース」があるので、家庭でもドライクリーニングが出来る。クリーニング店に頼むは必要ない、と思っている方もいるでしょう。ですが、実際には家庭でドライクリーニングはできないんです。確かにドライ衣料用の洗剤もありますから、「え?どういうこと?」と思うかもしれませんよね。ですがそれはあくまで「水で洗っても型崩れなどが起きにくいように工夫した洗剤」であり、お店でドライクリーニングするのとは全くの別物になります。

例えば、スーツ。これをドライ衣料用の洗剤で家庭で水を使って洗うと、シワクチャな仕上がりになってしまいますよね。ところがお店でのドライクリーニングでは型崩れはなくシワもないキレイな状態に仕上がるので、出来上がりには歴然とした差があるのが分かります。「家庭ではドライクリーニングは出来ないが、ドライマークのある衣類を洗濯することはできる。ただしリスクが生じる」ということを覚えておいて下さい。

高温洗浄で油汚れが落ちやすくなります

ドライクリーニングが出来る事以外にも、衣類にとって嬉しい効果があります。それは「高温洗浄」です。家庭では水を使って衣類を洗濯しますが、プロのクリーニング店では衣類を50~60度の高温で洗っています。油汚れは40~60度で落ちやすくなるため、家庭では落ちなかった汚れも落ちやすくなる上に、殺菌効果まで得られるんです。やはり家庭の洗濯とプロの仕上がりは違ってきますので、大切に着たい衣類はお店へ持っていくことをお勧めします。