HOME >  知っておきたいクリーニング知識 >  出す前にここをチェック

出す前にここをチェック

事前・事後チェックを必ず行いましょう

大切な衣類を預けることの多いクリーニング店。サッと荷物をまとめて、そのままハイ!と渡してませんか?実はこれが思わぬトラブルの元となってしまうことがあります。「こんなシミあったかな?」と思っても、事前にチェックしておかないとお店へのクレームだって出来ません。ポケットに大事なものが入っていたとしても、気付かず洗われてしまうこともあります。

そんなトラブルを避けるためにも、預ける衣類をしっかりチェックしてからお店を利用するのがお勧めです。もちろん預けた衣類を引き取った時にも、仕上がりについてチェックしておきましょう。仕上がりを確認せずに時間が過ぎてしまうと、お店では対応してもらえない事もあります。ここでは、チェックポイントをまとめてご紹介します。

衣類を預ける時のチェックポイント

  • シミや汚れの場所を確認しておき、カウンターで説明しておく
  • ポケットの中を確認する
  • 破れやほつれがないかを確認する
  • ベルトやライナーなどの付属品がある場合は、説明しておき、預かり証に書いてもらう
  • 高級品を預けるときは説明しておく
  • 外せる装飾品などは外しておく、外せないものはお店に相談する
  • スーツなどのお揃いの品は一緒に預ける
  • ドライクリーニングやランドリーなどの処理方法を確認しておく
  • 預かり証の内容を確認しておく

衣類が返ってきた時のチェックポイント

  • 出来るだけ仕上がり日時近くに取りにいきましょう
  • 預けたものが全てあるかをカウンターで店員と確認する
  • ビニール袋から外して、シミや汚れの落ち具合を確認する
  • 万が一預けた時と状態が違うようなら(ほつれや破れがある等)、すぐにお店に電話して対応してもらう