HOME >  クリーニング店を選ぶ基準とは >  技術力で選ぶ

技術力で選ぶ

このサイト(宅配クリーニング保管サービスのすすめ )では、クリーニング店を選ぶ基準のひとつである「技術力」についてまとめています。

お店によって仕上がりに差が出ます

衣類をクリーニングに出す時に、料金はチェックする方は多いですが、技術力まで目を向けている方は少ないかもしれません。私も最初は「このお店が一番安い」と言うだけで、クリーニングにだしていました…。

「全て機械でやっているから、どこに出しても一緒でしょ」と思っている方もいるかと思いますが、それは勘違い。全ての工程が機械だけで済むわけではありません。あまり知られてませんが、クリーニングを行うには国家試験のクリーニング師の免許が必要なんです。

このクリーニング職人によって1点1点手仕上げした衣類は、やはりシルエットに差が出てきます。 また、技術の差は職人が違う事だけではありません。洗い液から洗い時間、仕上げ方法、設備、商品管理などなど、お店によってその基準が違うので、どこも同じだとは言えないんです。 ですから「どこも一緒だから」と、料金だけ注目して技術力を見抜けないと、後々のトラブルの可能性が高まってしまいます。

高級品は特に注意が必要

大切な衣類を大事にしたいなら、料金はもちろん、技術力でもお店を選ぶことがポイントなんですね。 高級素材は特に注意しながらお店を選んでファーやウール・カシミヤ等のデリケートかつ高級品は、特に技術力に注意していアイテムです。

手仕上げが必要になってくるので、その分技術の差が出やすくなります。 通常のものよりも割高になり料金を多く取られているのに、技術がともわなくてはがっかりですよね。価格が高くても仕事が荒いお店があったり、反対に、価格が安くても仕事が丁寧なところもあります。 技術力は普段から注意したいのはもちろん、高級品を出す時には特に気を付けるように心がけるのがベストです。

また、自宅のクローゼットにしまっておくことで、カビや虫食いなどが心配な方もいると思います。そんなときは、保管サービスもしている、質のよいお店を利用することをおすすめします。

保管もOK!オススメのクリーニング店ランキング