HOME >  賢く衣類を保管する方法 >  スーツを長持ちさせる保管方法

スーツを長持ちさせる保管方法

ここでは、スーツの正しい保管方法についてまとめています。

スーツの上手な保管方法とたたみ方

仕事や商談のようなきちんとした席で出番の多いのがスーツ。しわくちゃのスーツで取引先の方と会うのは大変失礼ですよね。

しかし、スーツはドライクリーニングがほとんどなので家庭で簡単に洗うことができませんし、一度しわになってしまうと、個人で取るのは難しいものです。その上、出張の時にはかばんの中に畳んで持ち運ばなければいけない場合もあります。

そこでクリーニングから戻ってきたスーツのスーツの上手な保管方法のコツや、上手なたたみ方などを知っておくと、型崩れを予防でき、きれいな状態で保管できます。

基本的な保管方法

  • 上着
    スーツの上着は食い込まないよう厚みのある太いハンガーにかけて、ブラシをかけます。表面には埃やゴミがついたままになっていますのでできるだけ取り除きます。
  • パンツ
    クリップのついたハンガーに、ウエスト部分をはさんで吊り下げます。次に、上から下に向かってブラシをかけ、丁寧に汚れを取り除きます。裾をクリップにはさみ、ベルトの重みでしわが伸びるように、ウエストにベルトを通して下げておきます。この時、しわが気になる部分にはスプレーをあてておきましょう。しわが取れたら、ベルトは外しておきましょう。

この状態でクローゼットなどに保管すると、きれいに保管できますよ。除菌スプレーなどもありますから、上手に使うと臭い防止にもなりますね。

クリーニングから戻ってきた時の収納方法

クリーニングから戻ってきたときの保管方法スーツがクリーニングから戻ってきたときは、ビニール袋に入れられた状態で戻ってきます。

ビニール袋の中は、意外に湿気がこもってしまうものです。湿気がこもると、カビの原因になってしまいます。天気のいい日に、風通しの良いところに半日程度かけて、陰干ししておきましょう。

この時、針金ハンガーのような細いハンガーだと肩に食い込んでしまいます。しっかりとした太さのあるハンガーを使用するよう気を付けてください。

その後、収納時に埃よけのカバーや薄い布などをかけて収納します。

たたんで収納する方法

出張などでスーツケースに入れなければいけない場合、あるいは場所がなくてたたんで収納する場合などに注意するのは、折りしわがつかないようにすることです。

出張のように短期間で使用するときは、クリーニングの袋を付けたままで畳むとしわができにくくなります。

この時注意することは、襟にあるラベルの部分を必ず上にしてたたむことです。ラベルの部分は比較的しわになりやすく、とても目立つので注意しましょう。

パンツも同様に、袋をつけたまま畳むと折りしわが出来にくくなります。ない場合は、タオルを挟んだ状態で畳んでもいいですね。

家庭で畳んで保管する場合は、襟を起こした状態で袖をクロスに合わせ、ふんわりと畳むようにすると折りしわがつきにくくなります。ただし、スーツは基本的にハンガーにかけて収納するのをお勧めします。