HOME >  賢く衣類を保管する方法 >  季節に合わせたお手入れ

季節に合わせたお手入れ

衣類を長持ちさせるために一手間かけて

お気に入りの衣類は、次回シーズンも気持ち良く使いたいですよね。そこで季節別の衣類のお手入れを紹介します。季節に合わせたちょっとの手間で、衣類は長持ちしますから、是非覚えておいて活用して下さい。
 

春・夏のお手入れポイント

【春】

  • 冬のシーズン衣類(コート・ジャケット・スキーウェアなど)は、クリーニングに出してしっかりと汚れを落としましょう。
  • ウール製品は虫食い被害が多いので、念入りに汚れを落として防虫剤を使って保管しましょう。
  • 冬物をチェックして、シミ抜きが必要なものは仕分けておきましょう。
  • 暖かくなる前に、春物を出して、カビなどが生えてないかをチェックしましょう。
  • 夏物を出して、汗ジミや黄ばみがないかをチェックしましょう。

【夏】

  • 梅雨時期はタンスやクローゼットの湿気が多いので、除湿剤などを使ったり、扇風機で風を送ったりして空気を入れ替えましょう。
  • 汗の付いた衣類はこまめに洗濯をしましょう。
  • 浴衣などは色流れを防ぐために、シーズンが終わった後はクリーニング店へ持っていきましょう。
  • 帽子は中性洗剤で押し洗いをして、型崩れに気をつけながら陰干ししましょう。
     

秋・冬のお手入れポイント

【秋】

  • 夏物衣類は汗をしっかり落としてから、収納しましょう。
  • 洗えない素材が多くなる秋・冬衣類は、撥水加工をして長持ちさせましょう。
  • コートやジャケットなどは冬の前に虫干ししておきましょう。
  • シワのついた衣類は、お風呂場に吊るしておけばキレイにシワが落ちます。

【冬】

  • 着物やスーツなどの出番が増えるので、着用後は風通しの良い所で陰干ししておきましょう。汚れやシミがある場合は、出来るだけ早くクリーニング店へ持っていきましょう。
  • 乾燥する季節を利用して、衣類を日光のあたらない場所で干しましょう。湿気を飛ばすことで衣類を虫食いやカビから守ることが出来ます。